Audible オーディブル
初めての人は無料期間あり
\ 20万タイトルが聴き放題! /

無料体験に登録!

眠れないときは、聴く読書Audibleでリラックスがおすすめ!【オーディブル】

記事内のリンクはアフィリエイト広告を含みます。
眠れないときは聴く読書Audibleでリラックスがおすすめ!_アイキャッチ

夜、どうしても眠れないときしが誰しもあると思います。眠れないときは、聴く読書Audible(オーディブル)で頭と心をリラックスさせてるのがおすすめです。

この記事はこんな人向け!
  • 眠れない、寝付きが悪い
  • 一度寝ても途中で目が覚める
  • 夜リラックスしたい人

眠れないときにどうする?

仕事において難しい問題が山積、プライベートがうまくいっていない、子育て、夫婦の間の悩み事など・・・眠ろうとすると頭のなかに問題が悩み事が浮かび上がってきてしまう、気づいたら考えてしまう、頭の中で堂々巡りのようにぐるぐるしてしまい、脳がどんどんヒートしていてしまう、そういうことは誰しもあることです。

眠れないときにどうすればいいでしょうか?

こちらは株式会社R&Gが行った「【社会人に聞いた!なかなか眠れないときにすることランキング】500人アンケート調査」です。

Q.眠れないときどうする?
(出典:株式会社R&G

1位「スマホ・パソコンを触る」

調査によると、第1位は「スマホ・パソコンを触る」です。

スマホを枕元に置いておくと、ついつい触ってしまう気持ちはよくわかります。時間が立つうちに脳が疲れてきて眠気がくるということもあるかもしれません。しかし、逆にますます眠れてなくなってしまうという悪循環に陥ってしまう人も多いかもしれません。

あまり良い対処とは言えないでしょう。

2位「じっとしている」

第2位は「じっとしている」です。じっとしていることで、脳のヒートアップがおさまってくれば、眠気がやってくるかもしれません。ヘタにスマホを触って脳が活性化してしまうよりはマシかもしれません。

しかし、そもそもじっとしていても眠れないからこそ、眠れないときにどうするか?ということが問題になっているわけなので、有効な対処法と言えるかどうかは疑問です。

3位「音楽・ラジオを聞く」

第3位は「音楽・ラジオを聞く」です。音楽やラジオを聞くことで気が紛れ、リラックス効果を生むことが期待されます。その結果眠気がやってくる可能性があります。悪くない対処法だと思います。

おすすめは聴く読書Audible(オーディブル)でリラックス

眠れないときのおすすめの対処法はこちら!

聴く読書Audible(オーディブル)でリラックス

わたしもいろいろな悩みが重なり、どうしても眠れない時期がありました。どうしても眠れないときは睡眠導入剤を使っていたこともありました。今は薬に頼らずにとてもよく眠れています。

そんなわたしがおすすめする、眠れないときの対処方法は、聴く読書Audible(オーディブル)でリラックスすることです。上記でいうなら3位の「音楽・ラジオを聞く」と5位「本・マンガを読む」をミックスさせたような対処方法になります。

普段からAudibleを聴きながらベットに入るととてもよく眠れます。眠れないときだけAudibleを聴くのも有効です。また睡眠が浅く夜中に目が覚めてしまったときにAudibleを聴くのもいいと思います。

どうすればAudibleを聴いて眠ることができるか?ちょっとしたコツを教えます。

  • Audibleアプリのタイマーをセット
  • 気楽に聴ける小説を選択
  • 再生前に現在位置をブックマーク
  • 再生速度を1.0倍以下にセット

この3つを行ってから再生ボタンをタップしましょう。

※寝ながらイヤホンは耳を痛める可能性があるため、わたしはイヤホンなし派です。

コツ1:Audibleアプリのタイマーをセット

コツの1つめは、Audibleアプリのタイマーをセットします。

1晩中Audibleが再生されてしまったら、かえってその音声が睡眠の質を低下させるおそれもあります。タイマーをセットしておけば、その時間で再生が止まるため、安心して眠りにつくことができます。

タイマーの時間はお好みで構いません。わたしの場合は15-20分にセットします。あまり時間が長すぎると本の内容に集中しすぎて頭が覚醒してしまう可能性もあります。長くて30分くらいではないかと思います。

コツ2:気楽に聴ける小説を選択

コツの2つめは、気楽に聴ける小説を選択することです。

難しい内容だったり、あまりに面白すぎる内容だったりすると本の内容が気になりすぎて、頭が覚醒してしまうことがあります。また暗い内容だったり、深刻な話、残酷な話などは避けた方がいいかもしれません。できるだけ明るい内容の話、楽しい内容の話がおすすめです。

わたしのおすすめは気楽に聴ける「ライトノベル」ジャンル全般です。まさにこういうときにうってつけのジャンルだと思います。

コツ3:再生前に現在位置をブックマーク

コツの3つめは、再生前に現在位置をブックマークです。

寝る前にこれをしておきます。理由は、寝落ちしながら聴いた場合は次にどこから聴けばいいのか?続きの位置がわからなくなるためです。

再生前に現在位置をブックマークしておけば、これ以上戻って再生する必要ありません。それどころか、起きてから続きを聞く場合は、必ずブックマーク位置に戻って聴き直すでいいと思います。なぜならベットに入っている間に聴いている内容はあんまり頭に入ってないことが多いためです。また寝付きのいい日は1分くらいで寝てしまっていることもあります。多少効率が悪くてもブックマーク位置に戻って聴き直した方が、抜けがなく安心です。

コツ4:再生速度を1.0倍以下にセット

コツの3つめは、再生速度を1.0倍以下にセットです。

1.0倍以下ということは、最大で1.0倍です。これは脳をリラックスさせるためです。

再生速度を早くすると、朗読を理解しようと脳がしっかり働いて活性化してきてしまいます。こうなるとかえって眠れなくなってしまう可能性があります。

ちょっと遅いくらい、のんびりしたくらいの朗読が眠気を誘ってくれます。

ここまで準備ができたら、ベットに入りながらAudibleを再生してみましょう。

なぜAudible(オーディブル)を聴くとは眠れるのか?

なぜAudible(オーディブル)を聴くとは眠れるのか?
  • 耳で聴くから疲れない
  • 「ながら聴き」ができる
  • プロのナレーターの朗読がすばらしい

耳で聴くから疲れない

Audibleは耳で聴く読書なので、目が疲れないだけでなく脳の負担も少ないと言われます。

通常の読書は次の3ステップを踏みます。

通常の読書
  • 文字を目で見る
  • 文字を頭の中で解釈して音に変換する(黙読)
  • 言語として理解する

耳で聴く読書は①がありません。

オーディオブックの読書
  • なし
  • 耳で音声を聴く
  • 言語として理解する

②「文字を頭の中で解釈して音に変換する(黙読)」が「耳で音声を聴く」になります。

したがって耳で聴く読書Audibleは、文字を目でみる必要がなく、黙読もする必要がなく、耳から入ってくる音を言語として理解するだけなのです。このため目を使わない&脳の負担も少なく、疲れにくいのです。

Audibleは耳で聴くから目と脳が疲れないので、リラックスして眠れるのです。

【参考】「超効率耳勉強法」(上田渉著)

寝ながら聴きができる

Audibleは耳で聴く読書なので、耳が空いていればなにかの作業をしながら聴くことができます。いわゆる「寝ながら聴き」ができるのです。

紙の本や電子書籍の場合は手で本やタブレットを持って読む必要があります。寝っ転がりながら手で本やタブレットを持っていると手も疲れるし、不自然な体勢になり体が凝りやすくなります。とてもリラックスした状態にはなりにくいのです。

Audibleは寝ながら聴きができるので、リラックスして眠れるのです。

プロのナレーターの朗読がすばらしい

Audibleはプロのナレーター、声優、俳優の朗読が本当にすばらしいです。

このナレーターのすばらしい朗読効果のおかげで、すぐに読書入れ込めます。小説のような物語ならあっという間にその世界に引き込まれます。自己啓発本、ビジネス本などでも、文字で読んでいたら何度もつまずいて読み返すような部分でも、プロの朗読だとすっと頭に入り、理解がしやすいです。

このプロのナレーターの朗読のおかげで、悩み事やストレスから開放され自然に本の世界に入り込めるのです。

Audibleはプロのナレーターの朗読がすばらしいので、リラックスして眠れるのです。

Audible(オーディブル)のサービス内容

Audible(オーディブル)に興味が湧いてきた方にむけて、あらためてAudibleのサービス内容について説明します。

Audible(オーディブル)とは・・・
  • Amazonが提供するオーディオブック配信サービス
  • オーディオブックとは書籍を朗読した音声コンテンツ
  • 20万冊以上のオーディオブックが聴き放題
  • プロのナレーターや声優、俳優が朗読

Audible(オーディブル)とは、Amazonが提供するオーディオブック配信サービスです。世界中で数百万人以上のユーザーがいます。

オーディオブックとは、書籍を朗読した音声コンテンツのことで「耳で聴く本」とも言われます。

40万冊以上のオーディオブックが配信され、20万冊以上が聴き放題となります。

しかもAudibleはプロのナレーターや声優、俳優が朗読した、質の高い音声コンテンツを聴くことができます。声のプロが朗読してくれるのでとても聴きやすく、理解もしやすいです。

Audible(オーディブル)の始め方

Audibleの月額料金は1,500円です。支払い方法は、クレジットカードまたはデビットカードのみとなります。また、はじめてAudibleを利用される方には30日間の無料体験期間が付いてます。

解約はスマホから、パソコンから、Androidアプリから数ステップで簡単にできます。無料期間中に解約した場合は、料金は一切発生しません。0円です。しかも解約手続き後も無料期間の30日間が終わるまで利用できます。

Audibleは20万作品が聴き放題対象です。最新作の小説や話題の作品もたくさんあります。例えば本屋大賞を受賞した「成瀬は天下を取りに行く」、直木賞受賞作「八月の御所グランド」、Kobo小説(国内)部門大賞「アリアドネの声」、時代小説部門大賞「イクサガミ 地」。村上春樹の長編小説、「俺たちの箱根駅伝」「黄色い家」「変な家」「きみのお金は誰のため」「同志少女よ、敵を撃て」などの話題作も豊富です。

まずはAudibleの無料体験に登録してみてください。

今がチャンス!

※現在、Audibleはプライム会員は3か月無料、それ以外の方は2か月無料キャンペーン中です!(2024年7月22日まで)

登録は4ステップですが、失敗すると無料にならなかったり登録できません!失敗したくない方はこちら。

Audible(オーディブル)をおすすめする人

Audibleはこんな人向け!
  • 眠れない人、寝付きが悪い人
  • 夜中に目が覚める人
  • 夜リラックスしたい人

わたしはAudibleのおかげでウソみたいに眠れるようになりました!薬に頼らずに解決できる可能性があるので、睡眠導入剤を飲むまえにぜひ一度試してみてください。

聴く読書Audible(オーディブル)で頭と心をリラックスさせ、「眠れない」を克服しよう!

今がチャンス!

※現在、Audibleはプライム会員は3か月無料、それ以外の方は2か月無料キャンペーン中です!(2024年7月22日まで)

登録は4ステップですが、失敗すると無料にならなかったり登録できません!失敗したくない方はこちら。

Audibleの口コミ・評判をもっと知りたい方はこちら。

Audibleでどんな本が聴けるのか?知りたい方はこちらも。

コメント